1. HOME
  2. 特集
  3. 色白着物美人への近道👩

SPECIAL

特集

色白着物美人への近道👩

猛暑が終わり、ようやく涼しくなってきました✨秋の到来です🍂

たくさん海やプールで水遊びしたから肌が日焼けして、しまった…とお思いの方、多くいらっしゃるのではないでしょうか?(私です)

 

今回は、色白さんに憧れる女子は必見です! 肌を白く、明るく見せる簡単テクニックをご提案いたします💡

 

そもそもどうして着物業界では色白が良しとされるのでしょう?芸妓さん、舞妓さんのイメージが強いのでしょうか。

余談ですが、彼女たちが「白塗り」の伝統を引き継いでいる訳は、暗い中でも顔がきれいに白く映えるように、そして表情の陰影がしっかり伝わるようにだそうですよ。

 

🍎白衿で色白

あえて半衿を付けずにパッと肌をワントーン明るい印象に💕

肌と当たって襦袢が汚れるのが気になってしまう…という方には、こちらがおすすめ👀

『袖口安心レース』という和装用備品。

白いレースの裏に両面テープが貼られていて、衣類に貼って皮脂汚れを防止するというもの。

本来の使い方としては襦袢の袖口に貼るものですが、応用して衿にも貼れますよ。柔らかいレースなので肌も痛くなりません👍

 

🍎白orベージュ×ビビッドカラーで色白

ベージュや白系の着物で、お肌もトーンアップ✨柄や挿し色にビビットな色を持ってくると、お肌に血色感を与えて健康的な印象に◎

【きもの和音 小紋/ななめ市松と菊】

🍎白orベージュワントーンコーディネートで色白
全身白orベージュのワントーンでコーデを組むことによって、程よい抜け感が肌の色と透明感をクリーンに見せてくれます💕物足りない時は、小物でアクセントをプラスするのもいいかと思います!

  【きもの和音 小紋/更紗】

白やベージュって、誰にでも似合うトライしやすい色だと思います。女性らしさや上品さもプラスされて、身に着けるれば一石二鳥の色ですね✨