1. HOME
  2. 特集
  3. 【新潟観光】着物でお出かけおすすめスポット【清津峡】

SPECIAL

特集

【新潟観光】着物でお出かけおすすめスポット【清津峡】

新潟県といえば、お米やお酒、鮭やズワイガニなど「食」が広く知られているかと思います。

しかしそれ以外にも、雄大な信濃川、日本酒の名前にも度々使用される美しい山々、日の色に合わせて印象を変える日本海…

景観の美しさもとっても魅力的なんです🏔🌊🍶

 

その中でも今回は、中越地方の十日町市にある「清津峡」について書きたいと思います✏

最近フォトジェニックスポットとして有名になったこちらは、富山県の黒部峡谷、三重県の大杉谷とともに日本三大渓谷のうちの1つとして有名です。歴史は長く、昭和16年4月に国の名勝・天然記念物に、昭和24年9月に上信越高原国立公園に指定された古くから残っている景勝地なんですよ✨

ごつごつとした力強さを感じる岩壁と、澄み切ったエメラルドグリーンが美しすぎる清津川の素晴らしい景観に出会うことができます。

…のですが、私台風が過ぎた翌日に行ったものですから清津川がミルクティー色だったんですよね。笑

ですが、川の流れる音にとっても癒された旅行でした☻

 

駐車場を降りて温泉街を抜け、入坑料を払ってトンネルに進みます💨

全長は750メートル。ライトや壁にも工夫があって楽しめます。薄暗い中を進んでいきます..

トンネルの中にもしっかりお手洗いが設置してありました。外観も面白いんですが、中に入ってみると内側から外の様子が見れるようになっています。

外から手を振られると、見られていないと知りつつもびっくりしちゃいますよね!

清津峡渓谷トンネル内では峡谷美をさらに間近で見ることができます!ちなみにこの特徴的な斜めの岩肌は「柱状節理」というそうです💡

こんなアーティスティックな拝観スポットも。さすが越後妻有「大地の芸術祭」で大人気のスポット!

皆様、次の写真はInstagramなどでご覧になったことがあるのではないでしょうか?

水を張られた床が渓谷の景色を映し出すこの光景、幻想的ですよね~✨

床は浅いので、水の中に立ち入るのもOK!水の上に立ってるような写真が撮れます。(冷たい水に怯えて入らなかった私)

また、トンネルの外では足湯やカフェの営業も行われていました。清津峡小出温泉街には日帰り入浴施設や旅館、お土産屋さんもありますのでのんびりと散策できます。

宿泊者限定で貸し切り露天風呂を楽しめる旅館もあるそうですよ♨

 

内陸部に位置する十日町市。山と川に囲まれた土地で、自然が創り出す荘厳な景観に癒されるのも良いのでは?🏔